カテゴリ:日本酒( 16 )
雲レ日
久々に「雲レ日」で日本酒。
秋鹿は1年通じて好きな銘柄♪


秋鹿 特別純米 山廃 槽搾直汲 山田錦 / 秋鹿酒造(大阪)
c0133449_168112.jpg



東洋美人 大吟醸 槽垂れ 山田錦 / 澄川酒造場(山口)
c0133449_1681647.jpg

[PR]
by photo_ari | 2010-05-30 16:16 | 日本酒
雑賀
今年の「雑賀」もやっぱりおいしいです。
肉厚なカシラと共にクイッと♪


雑賀 純米吟醸 無濾過生原酒 / 九重雑賀(和歌山)
c0133449_17114589.jpg




c0133449_17473713.jpg

[PR]
by photo_ari | 2010-03-21 17:16 | 日本酒
今年もよろしくお願い致します。
明けました。 おめでとうございますm(_)m
今年も、たくさん呑んでいこうと思っております。
お酒好きな方は、どうぞよろしくお願い致しますw



c0133449_2282731.jpg

[PR]
by photo_ari | 2010-01-09 22:08 | 日本酒
飛露喜
お仕事が年末年始モードに入りまして、飲酒モードも週3から週1に変わりました(T_T)
とりあえず新しく来たレンズでテストです。  やはり明るいレンズはいいですねぇ♪
ぬけも良さそうです。



飛露喜 特別純米 無ろ過生原酒 / 合資会社廣木酒造本店 (福島)
c0133449_1337238.jpg

[PR]
by photo_ari | 2009-12-20 13:40 | 日本酒
万齢 秋の酒
「酒肆 ちろり」にて小松酒造の「万齢 秋の酒」。
季節ごとに出てるんだけど、夏の酒とは正反対の超辛口。
超といってもそれほど辛くはなく、美味しいです。
でも1番は春の酒かな〜。

アテにはごまカンパチ♪



万齢 秋の酒 雄町 特別純米 超辛口 生詰酒 / 小松酒造(佐賀)
c0133449_0402659.jpg

[PR]
by photo_ari | 2009-11-26 00:44 | 日本酒
東洋美人 切れ者
「酒肆ちろり」で呑んだ1杯。
ラベルに惹かれて注文したら、これ東洋美人なんだって。
調べてみると、どうやら企画物みたいなんだけど、こういうのも出してるんだね〜。


東洋美人 切れ者 純米吟醸 / 澄川酒造場(山口)
c0133449_1594910.jpg

[PR]
by photo_ari | 2009-09-23 15:12 | 日本酒
お久しぶりです。
あっ お久しぶりでございます。

ドラクエとモンハン3にどっぷり浸かっておりまして、ブログ放置してました(^_^;)
すると、iMacさんの機嫌が悪くなり、HDDがクラッシュしてしまい、さらに放置。
やっとこさ外付けHDDで復旧させたとこです。

相変わらず元気に呑んでます(^_^)


ひやおろしの季節です。
c0133449_21594575.jpg

[PR]
by photo_ari | 2009-09-16 22:00 | 日本酒
山形正宗 純米吟醸 羽州誉
山形県にある有名な日本酒「十四代」の社長が、18年かかって開発した酒造好適米「羽州誉(うしゅうほまれ)」。
その酒米を託されて、醸している限定の1品。
(ちなみに「惣邑」「飛露喜」「東洋美人」にもあります。)
いろんなサイトに載ってる特徴は、
タッチはややソフト・香り控えめ・上品なコク・旨味・・・らしい。

グラスで呑むと、また違った感じがしていいですな。
香りフェチの僕としてはこっちのが好きです。



山形正宗 純米吟醸 羽州誉 / 水戸部酒造(山形)
c0133449_2310246.jpg

[PR]
by photo_ari | 2009-06-25 23:05 | 日本酒
万齢 夏の酒
「酒肆 ちろり」にて夏のお酒。
今日もアテを突つきながら4杯ほど♪

花見の時に呑んだ「万齢 春の酒」がとても美味しかったので、「夏の酒」にも期待大。
去年はもの凄く売れたそうな。
お味の感想は、少し甘くてヨーグルトのような乳製品みたいなお味。
ちょっと微発泡してて、滑らかで引きが早く、さらりと呑めました。
僕は甘いのが苦手なので、春の酒の方が断然好みです。
次回は秋の酒か〜。



万齢 夏の酒 純米吟醸生 / 小松酒造(佐賀)
c0133449_1145735.jpg

[PR]
by photo_ari | 2009-06-24 01:16 | 日本酒
搾り部分の呑み比べ。
これは以前「なかむた」で頂いた吞み比べセット。
上槽時に圧力をかけずに一番始めに出てくる「荒走り」。
荒走りの後に出てくる中間層の「中汲み」。
そして最後に搾り出して出てくる「責め」の3種類。

特徴として、
「荒走り」:澱(おり)が多く含まれていて、アルコール度数も低くキレがあり。
「中汲み」:アルコール度数は中間。 味、香りともバランス良く、一番品質のいい部分。
「責め」:アルコール度数は高く、クセ(雑味)のある味。 品質的には一番低い。
ってな感じ。

んじゃ、責めは美味しくないのか?って言うと、そうではなく、
人それぞれ、その時の気分、料理などによって、どれもが美味しく頂けます。

あっ でもこの時、僕は中汲みが好きでした(^_^;)



まんさくの花 純米吟醸生原酒 荒走り・中汲み・責め取り / 日の丸醸造(秋田)
c0133449_0123496.jpg



c0133449_0125854.jpg

[PR]
by photo_ari | 2009-06-17 00:16 | 日本酒